今更聞けないAGAの事

AGAは今でこそCM等でも放送され耳にする機会が多くなってきていると思います。ただ具体的にはどんな症状でどんな種類があるのか分からない方も多いかと思います。このサイトでまずAGAを知ってみましょう。

知っておきたいAGAについて

AGAの進行を止めましょう
▲AGA治療薬はネット通販で購入しましょう
皮膚科でのポスターや、またテレビコマーシャル、雑誌、インターネットなどで「AGA」という言葉を見た、また聞いた事のある方も多いでしょう。
AGAとは男性型脱毛症と言われる症状で、特に生え際や頭頂部が薄毛になるという点が特徴です。
「男性型脱毛症」という名前がつけられている通り、AGAは男性に起こりやすいと言われています。

男性ホルモンには「テストステロン」というホルモンがあるのですが、このホルモンが5αリアクターゼという酵素と結びつくと、「ジヒドロテストステロン」という、新たなホルモンへと変化します。
テストステロンの状態なら髪に悪影響を、与えてしまう事はありません。
しかし、ジヒドロテストステロンになってしまうと、話は変わります。

ジヒドロテストステロンは毛根部分にある、毛乳頭という部分の受容体に入り込み、毛乳頭の活動を弱めてしまうのです。
毛乳頭は髪の細胞を作る組織ですので、ここの働きが弱ると当然髪は生えません。
また、生えないだけでなく成長期にある髪も抜けてしまう、また生えても細いという薄毛の症状が現れます。

男性ホルモンが原因となっている薄毛ですので、頭皮マッサージなど、外側からのケアでは改善しにくいのがAGAの特徴です。
ただ、AGAになってしまっても毛根自体は残っているので、ジヒドロテストステロンの生成さえ押さえれば抜け毛は止まり、のようなフサフサな頭皮へ戻る可能性を秘めています。

ジヒドロテストステロンを抑制するには、クリニックでの治療が有効です。
頭頂部や生え際が特に薄くなったと感じる方は、AGAである線が濃厚です。
薄毛を改善したいのであれば、クリニックでのAGA治療も選択肢に入れてみましょう。

■薬の副作用までしっかり覚えましょう
ロゲインの効果と副作用